学校のオープンデータ化支援プロジェクト

 

 

edumapプロジェクトとは?


edumap(エデュマップ)とは一般社団法人教育のための科学研究所(S4E)と
NTTデータ、さくらインターネットが提供する学校情報のオープンデータ化支援プロジェクトです。

edumapは学校のホームページを用意するため数々の作業―サーバの準備、ソフトウェアのインストール、
日々のメンテナンス・セキュリティガード―をワンストップサービスとして提供します。
edumap利用ユーザはそれらを意識する必要は全くなくなり、
ホームページの運営だけに専念することができるようになります。

このことにより、学校ホームページがより充実した情報発信の場となり、
学校の有用な情報が機械可読な状態で保護者、地域、
隣接自治体に提供されるようになっていくことを目指しています。

2020年1月より、本サイトでedumap利用申し込みをオンラインにて受付を開始します。

 

FAQ

edumapはどこが提供していますか。

edumapは、誰でも利用できますか?

edumapとNetCommons3の違いはなんですか?

edumapは無償で利用できるということですが、本当でしょうか? 一般的なインフラ費用(サーバ代金等)もかからないのですか?

edumapのデータの再利用ケースについて具体的な事例を教えてください

無償になること以外に、どのような導入メリットがありますか?

無償利用のほかに有償のものもあるとのことですが、無償と有償ではどのような差がありますか?

例えば市教育委員会の管轄する小中学校の一部を有償、残りを無償とするということはできますか?

詳しい話を聞きたいのですが、どこに問い合わせれば良いですか?

電話やメールによるサポートをお願いすることはできますか?